読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

〜精神療法の目的

『私は、真に助けとなるためだけにここに居ます。
 私は、私を遣わされたホーリースピリットの代理
 としてここに居ます。
 何を語り、何をすべきかを案ずる必要はありません。
 私を遣わされたホーリースピリットが私を導くからです。
 ホーリースピリットが私と共に行くと、知っているので、
 わたしはどこに居てもホーリースピリットが望むところに
 居ることに満足していています。
 ホーリースピリットに癒すことを教えてもらうならば、
 わたしは癒されるでしょう。』 

f:id:yolocobi:20150322214313j:plain

 

小学校で木登りをしていいた時の木。

 

時空を超えて、存在しているような、そんな感じ。

 

鳥の鳴き声も、水路の音も、すべての音に色を感じて

すべての色に、音色を感じる。

クリエイティブな瞬間は

日常にたくさん、あるのです。

 

ただ、「それ」に気づけないだけで。

 

 

きょうは、精神療法のことを、奇跡講座マニュアル編より

抜粋します。

 

 

【精神療法】

精神療法は、存在する唯一の治療(セラピー)の形態である。

心のみが病むことができるので、

心のみが癒され得る。心のみが癒しを必要としているのである。

 

患者は、幻想の「実在生」について

自分の心を変えるために、

助けてもらうことが必要なのである。

 

精神療法の目的は

真理を妨げている障壁を除去することである。

 

精神療法とは、正しく理解されたなら

赦しを教えるものであり、患者が赦しを認識して

受け入れられるよう助けるもの。

そして、患者が癒されたとき

セラピストも患者と共に癒される。

 

どのような形で苦しんでいるかには

関わりなく、助けを必要としている者はみな

自分自身を攻撃しているのであり、その結果、

彼の心の平安は損なわれている。

 

精神療法とは患者に

自分で決断する能力についての自覚を

取り戻させるものでなければならない。

患者に必要なのは、自分の思考を逆転させてもよいという

気持ちをもつことであり、さらには、自分に

結果を投影してきたと思っていたものが実は

自分による世界への投影でつくり出されていたということを

理解しようとする意欲をもつことである。

 

精神療法は、単に、患者の時間を省くことができるだけである。

聖霊は自らが最善とみなすやり方で時間を用い、

決して間違うことはない。

聖霊の監視下で行われる精神療法は、聖霊が用いる手段の1つであり

それは時間を省き、聖霊の仕事のためにより多くの

教師たちに準備をさせるためのものでもある。

聖霊が開始し、指揮する助けには、終わりが無い。

聖霊が選ぶ行路であればいずれによっても

すべての精神療法が最後には神に至る。しかしそうしたことは神に任されている。

神はご自身の中で私たち全員が癒されることを望むので、私たち全員が

神のサイコセラピストたちである。

 

「医者よ、ヒーラーよ、セラピストよ。

汝自身を癒しなさい。」

 

ヘッドセラピー・カウンセリング

ACIMクラスをご希望の方はコチラ。

head-therapy

 

the-world-of-silence.hatenablog.com