読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

「死」という怖さ。

きょうは、年明けのプチ大掃除と整理整頓。

 

優先順位をきめて、おこなう!

という考えがありますが、

わたしは、これが、とても苦手です。

 

「やらなきゃいけないこと」は

みえてるのに、それよりも

「あ、こっちやってからのほうかな」

と目移りしてしまうのです。

 

以前は、片付けだけで、

どっと疲れていました。

(シェアハウスは、綺麗に保つ人と、散らかす人と同じくらいの割合がいて、わたしは、整える側であり、そのまま放置する人、つまり両方でした。笑)

 

シェアハウスにいる間中、片づけや掃除、タオルをたたむことで

その日の半分が過ぎていて、「わーまたやってしまったー><。」

ということが、ありました。

 

いまは、じぶんが無理をしそうなときは

いつも内なる方(聖霊とか呼び方は何でもok)に、

聴いてみてます。

 

 

今回は、イラレ(イラストレーション)でチラシ作成の

お仕事があったのですが、

最初の1時間で、つくりなおしのサインがでて

すぐにでも、はやくつくりなおしたかったのですが

聖霊に聴いてみたら

まず、やっていなかったことで、やっておきたいものは?

とでてきました。

 

そして、こちらを、まず
さきにつくりました。

 

f:id:yolocobi:20160104233503j:image

 
毎月おばあちゃんに贈る手紙です。
 
おばあちゃんへの手紙は、わたしをととのえる時間です。。
 
わたしは「死」にたいして、
理由のわからない(自分でも、まだ、ほりさげていない)
ものすごい恐怖があります。
 
とくに、親しい方、年齢が上の方が
亡くなってしまうことが、とても怖いのです。
 
Courseのいう、死は存在しない。
そのことを、ほんとうに、うけとりたい。
 
そうおもって、手紙を
ゆるやかに書いています。
 
新米セラピスト(カウンセラー)なこともあり、
このことに関して、あまりうまくみれないのです。
死ぬとおもったら、泣いてしまう。。><。
 
 
「わたしたちは、生まれても死んでもいない」という
言葉の、その奥を
うけとれたらいいなぁとおもってます。
 
ただ、いま、おもう。
 
それだけで、わたしたちは
つながっていることを
光が内側から
あふれてゆくことを
おもいださせてくれて
ありがとう。