読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

お金と不足の想いについて。

お昼にインドカレーを食べて
ゲームセンターでとりました。
ボブ、ケビン、スチュアート(右から順に)
です。
ミニオンズ、いつも
笑いをありがとう。笑
 
f:id:yolocobi:20160111224834j:image
 
関心のあったリン・ツイストさん。
ソウルオブマネーという本を読んでいます。
  

人類最大の秘密の扉を開く ソウル・オブ・マネー 世界をまるっきり変えてしまう<<お金とあなたとの関係>

 

お金の魂、スピリット、

何にたいしてお金を

どのような気持ちで流しているのか。

 

コミットメント(決めて自分の立場をとること)のあるお金は

魂のお金(ソウルオブマネー)と言うそうです。

 

わたしも、クラスやヒーリングクリニックで

いただいたお金は、みなさんの人生のコミットのもとにあるので

たいせつに、また誰かのもとに流したい、とおもっています。

 

「お金」はなく、愛があるだけ

という体験もできるのかとおもいます。

 

 

水のように、流れのあるものを

固執し、「不足」の概念がうまれてきているのは

「お金」というシステムができてから、

と書いてありました。

 

「たりない」があるのは

「たりない」をみて、選んでいるときだけです。

みるべきは、「たりる」「たりない」と

がんじがらめになる「固定されたじぶん」から

一歩ぬけだすことなのでしょう。

 

わたしも、会社の顧問をしてくださっている方

(おじいちゃん先生、みたいな、お父さんと同い年の、凄腕な方)に、

「お金のあるなしに、ビジネス(や仕事)は関係ない」

「お金が目的じゃない」と

何度もお話をしてくれます。

 

それは、お金を目的に(または、「ない」ことを理由に)

ビジネスが展開されているから

かもしれません。

 

 

 

リンさんの言葉と想いをとおして

「お金」の存在に、あらためて

「じぶん」のつけている「無意味な想い」を

みる機会となりました。

 

対話をすること

自分のにぎりしめていた

価値観から解放されること。

 

お金について、考える時間が無駄といいたいわけでなく

もちろん、計画的に考えてもいいでしょうが

それと同じくらい、いまの

与えられているものや機会、人への

感謝をおもう時間を

ふやしたい、とおもうのです。

 

わたしには飢餓をなんとかできるかというと

いますぐには何ともできません。

(とおもっています)

おもいはよせられます。

 

食べられるものがあること

そして、幸せを分かち合える場が

ふえてゆくのを、みれますように。

 

この世界に「足りない」をみてしまう自分が

「足りない世界」をつくりだしています。

わたしには、どうすることも叶いません。

もどれますように。

 

必要な機会があれば

必要なことが、できますように。

 

豊かさは、物質的なものも

精神的なものも、みなと

わかちあえますように。

 

その経験だけを。

 

奇跡の経験を

させてもらえていることを

みたいとおもいます♫

 

新月なので、お願いごと、でした:)