あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

愛からみる、とは、活かし方をみる、こと。

こんにちわ、恵です。

f:id:yolocobi:20160513171257j:image
これは、
このあいだ貰った薔薇。



キャリアカウンセラーもしている
隼人さんとゴハンをたべながら
お聴きしたお話。

そこで
とても印象的だったこと。

『世界には、
狩り、じぶんでやりぬくタイプと
農耕、たがやして
じっと待って、のんびりするタイプとが
あるよ。

めぐは、狩りタイプではないね。笑』

と、いわれました。

(^∇^)あはは!
そうですね!笑


ほんとうに、目標をみつけて
ひとつずつ、クリアしてゆくことが
活力が湧く方もいて
キラキラしています。
その方は、未知の世界があるほどに
スピリットとともに
開拓をしてゆくのです。
お陰で、わたしも、知らない世界が
あることをおもいだせます。


待つことが、なにもしていない
のではなく。
種を蒔いて、水をやり
お茶をのみながら
成長をまっている。
こちらが、ちょうどよい方も
いるのです。

どちらも、愛です。


愛から世界をみる、
ということを
隼人さんの言葉を
かりるなら。

その方の
活かし方をみる、
ということなのでしょう。

じぶんでみるのではなく
こころのなかで
たずねて、みる。


思考は、
悪ではなくて
活かし方を
心で、うけとったそのあとに。

カタチを成してゆくときに
思考は、スピリット、心に
とても協力してくれます。。

わたしたちの
ちょうどよい
というところを
うけとること。


ちょっと先をゆく、お兄さん。
いつも、感謝です。。
ありがとうございます(^人^)✨