あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

「わたしは、すきなものを、すきといっていい」

どうしても、

感じても、言えないことが

あった。

 

それを、ずっと抱えたままでいると

表現しようというキモチが

しぼんでいった。

 

誘われてみにいった映画は

「ここにも、うつくしさは、ある」と

みせてくれて、わたしの否定したいおもいは

ひかりに包み込まれてしまった。

 

 

わたしにとって

書くことは、すなわち「つながること」で

感じたことも

奥をみて

ことばをつかってみたいとおもった。

 

 

そして、過去のわたしに、伝えたいことは

「わたしは、すきなものを、すきといっていい」

ということ。

じぶんのよろこびを、

おさえこまなくていい。

かくさなくていい。

 

www.youtube.com

 

 

 

この動画をみて、

『だれにもみられていないようなきもちがあった』

『なにかを届けられるものがあるんだ』という

監督のことばを聴いたら

うちがわに、ぎゅっと

こもるような感じがあった。

ほかの、動画も、みてしまったけれど

監督が話すときに、ゆさぶられることがあった。

泣いてしまいそうな、ゆらぎ。

 

 

映画「君の名は。」をみて、

都会も田舎も

ひかっていていいとおもった。

どちらも、ひかっている。

 

みている世界にある

つくしさを

全肯定されていて

その風景をみていたら

息がつまってしまった。

 

都会の景色のうつくしさを感じたときに

わたしのなかの

「こんなところは醜い」というものを

「うつくしい」といわれたような

そんなキモチになった。

 

https://www.instagram.com/p/BJz5NpEDshX/

『君の名は。』をみにゆこうかなとおもってたら誘われたので観てきました。すごく、染み入るような、感覚でそのような映画に出逢えてうれしい。ちょうど、過ぎゆく夢を読んでいたところだったから。(^人^) #映画#君の名は

 

 

ずっと「いま」にいる

約束をしようとおもった。

 

それを感じたとき

この歳になって、ぬいぐるみから

「ぼくは、ちゃんと、みてるよ。きみが頑張ってきたことも

こころがけてきたことも、すべて、みてきたよ」

と語りかけられたような気がして

すごく、びっくりした。

 

ぬいぐるみの向こう側から、

わたしが、聖霊

はなしかけてきたような

そんな感じだった。

 

だれも、みてはくれていないと

おもっていたから。

 

わたしは、だから、話しかけてきた

おもいを受け取りたいから

書こうとおもう。

 

あなた、という

ほんとうのわたし、のために。

 

 

https://www.instagram.com/p/BKN0nXKj-rk/

see.#message