読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

祈りあるコミュニケーション。

 

 

クリスタルボウルの音

(クリスタルボウル演奏する

いずみちゃんに

以前かりたらCD)を聴きながら

作業をしていたら

お母さんに

お寺の鐘の音がする…笑

と、不思議がられました( ^ω^ )

 

ボーン、って。

 

 同時に

水の音がする時は

トイレが水もれしているみたいで

気になる…と。

 

…( ´ ▽ ` )

 

わたしは、無音でも

大丈夫なのですが

たまに いずみちゃんの

クリスタルボウルが

素晴らしく大好きなので

CDだしてくれないかなという

願いもすこしあって、笑笑

聴いてます。( ^ω^ )

 

 

 courseの

レッスンのなかに

 

なにをおいても

わたしはこのテーブル(物事)を

別の見方でみたい

というものがあります。

 

テーブル、それ自体には

まったく重要ではない、

しかし、それ自体とは

いったい何でしょう?

また、それ自体に

とはどういう意味でしょう?

と問われていて…。

 

 

あなたは(わたしは)

じぶんのまわりに

数多くの

ばらばらの物体を

みていますが

それは、あなたがまったく

みていない証拠です。

 

と、つづきます。

 

あるひとつのものを

別の見方でみたとき

あらゆるものを

別の見方で

見ることになるでしょう。

 

あるものの中に

あなたが見る光は

 

あらゆるものの中に

見るのと同じ光です。

 

詩のように

唄のように

 

草木に水がしみ込むように

ひびいてゆく感覚が

あります。

 

(続きは、レッスン28を

お読みください( ^ω^ ) )

 

 

心にいだくおもいを

ゆるす( 肯定してゆく、うけいれて

ながして、もとにもどってゆく…)

その過程に

体験する、感覚は

ことばにして伝わることは

少ないやもしれません。

 

ですが、体験してゆくと

ほんとうに

ことばをつかって

また、そこを

こえて、 伸びてゆく、ヒカリは

あるのだなぁと

かんじます。

 

『じぶん』との対話ひとつ、

『目の前の、方』との

やりとりにしても

祈りあるコミュニケーションは

聴くこと。

内なるものに、聴きながら

全体にも、聴きながら。

 

 

 

 

 

セッションでも、クラス会でも、

ヒーリングでも。

お話していただく

わずかなものも、ひとつひとつも

どれも、内なるものは

つかってくれて。

統合され

錬金され、材料となって

やがて成してゆくのを

見届けること たしかに

忘れずに こころにとめてゆきたいと

おもってます(^ν^)

 

 

 

さしだされた雑誌から

ストレッチを

体得しているわたしでした。( ´ ▽ ` )

 

 

 

f:id:yolocobi:20170307011203j:image

魚眼ねこ( ´ ▽ ` )