読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

「コミュニティ」と「コンサルティング」のこと。 いま、うけとりなおすもの。

「いのちのごはん会」

coco house Annexにて

さゆりちゃん、みどりちゃんの織りなす

とってもあたたかな空間のもと

開催されると聴き、うれしい朝です。ほくほく。

(「まだ、忙しくて、企画まとまっていなくて・・・」と

聴いたときもありましたが、

ぜんぜん、心配いらなかった!うれしい。)

さゆりちゃんのお話をききながら

さゆりちゃんは、つねに、シェアハウスの

「家族」の光をみているのだなぁと

おもいました。

 

 

「コミュニティ」

と「コンサルティング」のこと。

 

わたしも成長させていただいた、法人。

コミュニティコンサルティングジャパン。

 

お仕事関連で

読んでみたらとおススメされた本の中に

(題名をすっかり忘れてしまいましたが)

このような定義があり、

わたしは

これは、やってみたい、とおもえました。

その社長さん(コンサルタントの方)は

こう書いていました。

「わたしのしているコンサルティングとは、

光をみること、光をあてることです」、と。

 

わたしは、Course(A Course in Miracles)から、

またそれを教えてくださっている方の

姿勢や雰囲気から

これにくわえて

「光をうけとること」も、教授いただきました。

もしかすると、読み落としているだけで

あの本でも

言っていたことかもしれないです。

 

今朝、

朝風呂にはいりながら、

 

それでは・・・

コミュニティとは、

いったい、何のことだと

いまのわたしは感じているのだろう。

 

と、ギモンがでてきました。

 

 

湧いてきたものは

親しみなれて、使ってきたことば。

「家族」でした。

それも、すこしだけ違う感覚の。

たったひとつの

宇宙の家族。

神の家族。

 

住んでいても、

住んでいなくても。

家族という、目の前の方の光をみること。

そのような方々とつながりなおすこと。

 

「血がつながっていないじゃないか」

「経済的なことは頼れない」

「本当にしんどいとき、いえない」

など、家族というワードに

おもいが、また、でてくるかもしれません。

それは、それで

よい機会なのだとかんじます。

 

いま、ことばに、とらわれている

「家族」から

また、ゆっくりと感じなおせるから。

 

心のある、言葉にしすぎなくても

光をみて届けてもらえている、という

やわらかな感覚は

家族という

ものに近しいと、わたしはおもっています。

 

 

f:id:yolocobi:20170407082405j:image

写真は、さゆりちゃん。:)

最近、さゆりちゃんの妹さんにうまれたお子さんの名前が

むさしくんというらしく・・・!

宮本家にきたら、いい感じの名前になります!!

 

シェアハウスのことは、こちらにも。

https://www.facebook.com/CommunityConsultingJapan/?fref=ts

ご興味あります方は、武藤くんにもおつなぎできます。^^

https://www.facebook.com/masashiro.muto?fref=ts

 

きょうも、恵みあふれる雨。やさしい一日を:)