あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

いまだからこそ、出逢えること、味わえること。

ふんわり、きいろい、御月様で・・・

なにかに似ているような。

あ、萩の月かも、美味しそう。

と、ひとり言をいっていた、わたしです。

 

* 

f:id:yolocobi:20170411125605j:image

 

最近、教壇に立つ、若い先生のお話を
ききました。

「まえまでは、
話を、他の先生方にように
わたしの授業で、生徒たちが
しっかりと聴いてくれないのは
なんでだろう。
わたしが、いけないのかな・・・
どこをなおせばいいのだろう・・・
とおもっていたけれど
いまは、
しっかり聴けるときは、聴けるのだから
その姿をしっていれば
それでいいのかも。
若い自分だからこそ
年配の方みたいに
しっかりとやれていなくても
いいんだ、と
弱音をはける自分でも
生徒たちは、よろこんで
おもしろがってくれていた」
とお話してくれました。


数学をおしえている先生。
感受性ゆたかに
わたしにも、数学の世界とクラスのことを
おしえてくれます。
そして、若いがゆえに、よく
親御さんに生徒と間違えられてしまうという・・・!


わたしは、畑で、

お日様にてらされながら
そのお話を聴いていると
とても、やわらぎました。

 

素直な気持ちを、
みてあげること。
正直に、表現すること。

いまの自分にしか、味わえないこと。

いまにおもいを、よりそってあげること。
ゆるし、はそこからが
「はじまり」にかんじます。

 

祈りに
翼を与えてくれるゆるし
というのは、ほんとうに
正直であることを
おしえてくれます。

ほんとうに正直であること
というのは、

表面的な考えやおもいを、
つかってもらう
その瞬間に訪れていて。

 

「ああ、こんな風に感じてしまう」
「だけど、ほんとうのおもい、それを
知りたい。体験を世界のすべてと
ともにしてゆきたい」という
この正直さなように、

わたしはかんじます。

 

いまのあなたで、いまのわたしで

いまだからこそ

味わえる、そのおもいも、使ってもらえている、

そのことに

こころをむけて。

 

お読みいただき、ありがとうございました:)

 

www.youtube.com

 

 

 

f:id:yolocobi:20170411125611j:image