あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

風通し。「おもい」がとけてゆくときに。

 きょうも、朝ヨガをして

1時間があっという間に

かんじられました:)

「かたくても、いい」

「内側に集中する」というのが

とっても心地よい時間です。

ヨガなのか、ときおり

股わりのようなポーズがあるのですが

それは、ひふみ体動の動きを

おしえて続けてきているので

より、楽におもえます・・・!

夜はヒーリングと瞑想会です。

深呼吸して、いってきます^^

 

 

化粧水って使い切ることが

あまりなく、次の化粧水が

どこからともなく(もらったりして)

やってきていたのですが

この「こうじの恵」化粧水は

誕生日プレゼントにもらって

使い切りました。

お酒をつくっているところが

製造している化粧水で、ちょっとお酒の

香りもします。

 

f:id:yolocobi:20170517172231j:image

使い切ってから

こんなに、わたしは

「なくなってしまうこと」を

こわごわと思っていたのだなぁと

いうものでした。

 

もらったもの、とか

使わなくても

すぐには

捨てられないのです。

 

じぶんだけの、「おもい」を

よくよく、みなおしてみる。

そのきっかけにもなり・・・!

 

◯◯を気にしている。

◯◯を心配している。

◯◯をしたい。

◯◯でありたい。

 

これらのおもいの

ひとつ、ひとつを

本来の力として

つかうことが、いま、忘れていて。

だから、「つかってほしい」

つかってもらえるように

たのみなおす。

つかってもらえることを

おもいだす。

最適に、最高に、最善に。

 

 

そうすると、ものの、先にある

奥に在る「ありがとう」が

かんじられてきました。

 

わたしは、それを

大切に心から

うけとっていたい。

行動でも

ことばでもなく

伝わるのは心の奥底。

むやみやたらと、やるものでも

ないのです。

 

ふと朝の空いた時間に

もっている「洋服」の

1つ1つも

なにを、どれだけ

クローゼットの中に

いれているのか。

(なぜか服も多く…笑)

梅雨まえに、お洋服とのつながり、

「おもい」の

確認をしてみています。

 

 

 ちらっと夕刊でみた記事、

「ちょうどいい箱にじぶんのキモチを

流し込んで、蒸し上げる感覚」

執筆は夜中にするという、益田ミリさん。

 

どうしても、「このキモチは・・・」という

それこそを「流し込んで、蒸しあげてもらう」

その蒸すための道具も、蒸すための火も

ここにあること、

完璧に用意されていることを

かんじてみます:)

 

きょうも、優しい雨のなか

こころ穏やかな一日を^^

f:id:yolocobi:20170517172253j:image