あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

こころもとないキモチとともに。

 

きょうは、よく、ケセランパサランをみます。

白いフワフワした、なにかのことを

ケセランパサランと呼んでいるそう。

取ろうとすると、ふわふわ〜〜と

上のほうに舞っていってしまいました。

 

 

出産予定日も1ヶ月をきり、

不安なキモチがあるなかで

ヒーリングクラスに研修で行きましたら

なんとクラスの最後に

その場にいた方全員から

ゆっくりと 祈っていただきました。 

わたしは、この研修の最中に

じぶんのなかで、失敗しちゃった〜〜と

おもうことがあって…笑

本当に伝えたいコミュニケーションとは

全然違うことを表現していたので

その失敗しちゃったなぁという

気持ちを。

預けていたところに

届いた時間でした。

 

 

有り難くて、不安なキモチが

溶けて流れて、

このことを通して 

体験の煌めきと優しい世界の

広がりがあると

かんじられました。

その瞑想のあとに

予定日の日が、お子さんとの

つながりのある日だと

教えてくださった方がいて…。

 

とっても、あたたかで

包まれるような感覚に

こちらこそ、

ありがとうございますと

おもうばかりでした。(´-`).。oO

 

 

直接逢えないときに

わたしの

できることはない、無力だと

なげくことが多かったです。

 

 ですが、なんど忘れても

おもいだすことは

 

なにかを しているから とか

関係のまったくないところで

あなたは、わたしは

つねに、つねに、与えていることが

あるのです。

 

だから、おさえることなく

自由に 表現が広がっているのです。

どんなことも、奇跡の体験が

わたしに教えてくれることは

計り知れません。

 

 

先日、

 わたしは、ある方の

お話をききながら、なんと言葉にしたら

よいものか分からないときに

心の奥にあずけていました。

 

『聴いてました?』と

言われても、こたえようのない、

わたし自身も

とまどってしまうような、おもいたち。

 

 

掴みたくなるような、

論理、あてはめてしまいそうなものも

湧いてきては、

それらを、見守って通り過ぎるのを待つ。

 

たしか、なにかを

こたえることなく

その時間は通り過ぎていました。

そのときに、わたしには

しっかりと 心許なさが

感じられました。

 

 

たとえ自分が

直接関わらなくとも

サポートしきれなくとも

必ず、預けて、祈っていたものは

わたしにも、相手にも届いている、

ということ。

心許なさがあっても。

 

それを、わたしは忘れないでいること。

つねに、心の中に

出逢う方々をおもえていること。

お話してくださった方の

心の奥を、みていること。

 

それが、うれしさであり、

痛みからの変容であり

喜びへの飛翔でした。

 

そのことを

ふかく 伝わってきた瞬間に

わたしのみていたベールが

はがされることもありました。

おもいもよらぬところで

預けたものは、しっかりと

変容されていました。

 

 

 

 

『じぶんの声、本来奥底にあるじぶんの声を聴きなさい。それは、すべてのものとつながっている音。静かに、真横にある世界。外の音や、内側でも、外の音にきこえるものは、すべて、一旦、わたしに、あずけてほしいのです。』

 

 

きょうも、書けましたことに

また、たった一人でも

読んでくださる方のあることに

感謝をこめて。

 

 

写真は、ベリーペイントのもの。

下書きを描いてもらい

実際にペイントをして

だいたい2時間ほど…!

 

毎日、毎日、瞑想とお祈りを

ご一緒してくれて

よりそいを、ありがとう。

 

f:id:yolocobi:20170717122224j:image

 

f:id:yolocobi:20170717125223j:image