あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

深く呼吸をして、もぐってゆくこと。

とうもろこしのクーファンがとどきました。

ぬいぐるみ入れになってしまって・・・

これは、これで、すてき。

 

足蹴りされつづけて、いたた・・・

たまに、痛いです。笑

 

f:id:yolocobi:20170726135738j:image

 

 

不安なきもち。

こわいきもち。

こころもとなさ。

その「いま」に深くもぐっていくことで

そこでしか感じられないことに

出逢います。

 

そこで、ふわっと

「ありがとう」と

ふれるだけで。

まつだけで。

かんがえたり、分解しすぎたり、すっきりさせたいと

探し求めすぎたりする以上に

しずかなところに、もどれます。

 

 

あらゆるおもいは、

ゆっくり見守られていることが

感じられると自然と溶けて

感謝に、祈りに

かわってゆく感じもします。

 

 

◯ 

 

 

前々から「痛いの苦手でこまったなぁ。。」

とおもっていたところを

丁度クリニックの助産師さんが母親学級で

ソフロロジーというフランスの分娩方法があるから

痛いの苦手な方におススメ!と

教えてくれました。^^

平安・安定のソ

精神・魂のフロン

学問のロゴスという由来とのこと。

 

陣痛の「痛み」を、痛みとして見ずに

生みだすための「エネルギー」と捉える感覚で…

 

自主学習的な瞑想と呼吸のスタイルをとっているそうです。

フランス語は綺麗なメロディみたいなので音楽でなく

誘導瞑想らしいのですが、日本では音楽におきかえていると

熱心な院長先生から、ききました^^

 

 

なんとなく、このことを、まわりに言わずにいたら

ちょうどリラクゼーションのアプリミュージックを

かけつつ掃除をしていたときに

「それ、ソフロロジーの曲ににてるよね!」

「わたしはやらなかったけど、にてるなっておもって」と

同じクリニックで4人産んでいる先輩ママさんに言われて

すこし気楽になりました。:)

 

 

ふかぁく

もぐってゆくこと。それは

不安でも、怒りでも、喜びでも、愉しみでも。

このいまの

波の中に、海の中に。

まだ知らない世界のところに。

 

そこから

ふんわりとした、風が吹いて

愛という胸の奥にあるものが

作動するのを待ってみています。

 

 

 

きょうも、やさしい夜を:)