あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

祈りの歌に。子守歌に。

 

 

f:id:yolocobi:20180331235123j:image

 

忘れたくないことを、書きとめるのではなくて…わすれても、いいように、かきとめてゆくこと。そんなふうに、うけとれたときに、ぐっと学びとよろこびを深めてゆけます。

 

 

3月のはじめに、香咲さんからおききしたフレーズ、beyond human being、人をこえた存在、というものが、ふたたび、すーっとひろがり、うれしさがこみあげます。ヒトであることを、それ以上のときには、やはり、ほんとうのその人、つまり、ほんとうのわたしたちに、出逢えているからです。

 

 

コミュニケーションは、祈りありき、というものを感じると…なにも、一言も、いってなくても、ものすごくうけとって(つまり、与えて)下さっているのをかんじます。

 

 

ただ、そこに、いることによって、教えてくれている。それは、誰しもがそうなのですが、わすれてしまったわたしに、きょうも、おしえてくれる方がいました。

 

気温は低いはずなのに、わたしの体温は、下がる感じがしなく…そこに、降り注ぐ、beyond human beingが、わたしをあたためてくれたようにおもいます。

 

すべてのおもいが、祈りの歌であるように。

あたたかな、きもちを、奇跡を

ありがとう。