あること。いまを、いきること。ー another room

奇跡と恵みにあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

熱のある一日に。

喉の調子がよくないなぁとおもっていたら、熱があり、きょうは、一日中ぐったりでした。

だいぶ、落ち着いてきて、直人くんの看病と、蓮さんの笑いに、感謝です。

 

 

 

久々の風邪のような、症状で、吐き気もあり、ふだんの状態には感じられないことが、フツフツとわきおこっていました。

 

 

 

直人くんに、蓮さんを任せて…

わたしは、隣の部屋で寝ていました。

 

ときおり、わたしのことを、見にくる蓮さんは、マスクに興味津々で、マスクを引っ張っては、はなし、わたしのぐったりした顔を笑顔にさせて、満足げに、さってゆきました。笑

 

 

クリニックで、最近、お腹の、風邪が流行っているらしく、海外いかれましたか?ときかれて、行ってないです、と話した側から、

いや、昨日、茅ヶ崎のパリには行きました。と、心の中で、おもいました。

 

 

薬局の…お姉さん方が、忙しく働いている中で、わたしは、吐き気がすごく、もう、薬はあとででいいから、帰ろうとおもったとき、

お兄さんが、でてきました。そのときに、この人、私の、薬もってきてくれる人だと、スピリットに教えてもらったように、おもいました。

 

そして、呼ばれてゆくのではなく、向こうから、お兄さんが薬をもってきてくれました。

お代を払ってから、タクシーよびますか?とも言ってくださり、とても、ありがたかったです。

 

極限な状態で、うまく、お礼もいえなかったのですが、心の中で、伝えました。

 

 

眠りたくても、眠れず、考えていることも、呼吸にもどり、半ば、これが続くのはしんどいなぁとおもいましたが、その中でも、

いまだからこそ、みれるものに、ありがとう、を感じてゆけました。

 

 

身体も、奇跡の道具です。

 

 

だから、うんと、優しく感謝してゆきたいとおもった一日でした。

 

 

 

f:id:yolocobi:20180521200845j:image