あること。いまを、いきること。ー another room

奇跡と恵みにあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

夕空に語りかけて。

f:id:yolocobi:20180622230011j:image

 

夕方が、でてきたよ!

 

と、女の子が、話していました。

空を見上げると、たしかに、夕空が…。

蓮さんの体調が、風邪っぽい中、

元気に動き回るので…

鼻水が、アニメのようでした。

 

無理はしないで、お家で、ゆっくりしようとおもいます。わたしも、静かにできるひとときに。

 

 

 

courseのレッスンを、意味をトコトン理解し尽くさなくとも読んでゆく、

心の奥に、響かせてみる、ゆっくりと…。

 

おもいだされるモノも、でてきます。

 

 

わたしは、じぶんにとっての意味に

とらわれています。

わたしがみているものには、

何の意味もありません。

わたしが動揺しているのは、

わたしが思うような理由からではありません。

 

 

すると…

 

これまで見落としてしまいがちだった

体験が起きていることに、

気づけます。

 

みているものに、

あれこれ意味をつけたり

過去の延長で、

周りをみていたり

心で うけとったものを、見ないようにしていたり

いま、に戻ることで

たったひとつの愛に、そのスペースに、ふかく頭が下がります…。

 

 

心の内側に

完全に自分の責任あるところに

嬉しい響きに、導かれます。

 

 

ライトワーカーは、光を指し示し、

ミラクルワーカーは、自身を訂正する。

 

こちらが、光という、道筋ですよ、と説くのも簡単ではないはずですが

心の奥底に、響いてくるものは

何でしょうか。

 

奇跡を起こす方々は、自身の心を

いつも、すべて、一なるものに訂正しているように感じます。

そして、わたし、の体験も…受け取った奇跡も

…。

 

 

 

 

 

f:id:yolocobi:20180622232418j:image

 

 

 

きょうも、感謝を、こめて。

いつも、ありがとうございます。