あること。いまを、いきること。ー another room

奇跡と恵みにあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

熱中している間に。

 

蝉が鳴いている朝。

散らかり放題のお部屋に

蓮さんは、歩ける喜びを、ふりまいています。

 

 

 

こころで、そのひと、その奥、それ…を

みるときは、いつものみる、というのと

感覚が、すこし違って…

 

普段見聞きする感覚から

見せてください、と、頼んで、見るのとでは

微細に違ってくるのを

実感します。

呼吸に、間を設けてもらうかんじです。

ことばにしない、ことばに逃げない、浸る感じです。

 

 

 

よく、蓮さんの遊んでいる、

知恵の輪のような、棒があるのですが、

わたしは最初、じぶんのきめた

スタートからゴールまで

クルクルと指を動かして、さっと、終えてしまうと、何がそんなに面白いのだろう、とおもっていました。

蓮さんは、ずーっと、クルクル、クルクル

指をつかって、いったり、きたり。

 

 

そのときに、すこし、深呼吸して

こころで見せてもらっていると

 

 

なんだか、スタートも、ゴールも

あっても、ないような感じで

そのビーズを動かしている指先を

たのしんでいるような…。

 

できない今を、うんと、遊んでいるような…

じぶんのおもいもよらぬところで

自然と咲いてゆくものがある、とは

例えてみるなら

こんな感じと、見せてもらったかのようでした。

 

 

 

 

f:id:yolocobi:20180711104638j:image

 

 

たまたま、フリースペースにいた、お洒落なお父さんと、娘さんが、同じ月齢で

 

歩いているの、すごいですね!

 

と、声をかけていただき、

 

そうなのです、きょう、あるきました。笑笑

 

と、伝えると、

 

ええ?! きょう!

おめでとうございます!!!

 

と、

リアクションが、おもしろくて、嬉しかったです。

 

 

 

 

 

きょうも、優しく、

目の前の方と、奇跡を受け取る一日を。