あること。いまを、いきること。ー another room

奇跡と恵みにあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

文章のコンサルタントさんから。

 

直人くんが、会社研修にて

文章のコンサルタントさんに

教えてもらったことを、わたしにも教えてくださいました…!

 

f:id:yolocobi:20180720134532j:image

 

ちょうど、添削してほしい、と少しお願いされた文章を読んで、わたしに、[てにをは]の添削はできない…

と感じていたので(そして、別なプロの方も思い浮かびましたので、潔く、祈りました。)

 

すこしだけ、勇気づけられるお話でした。

 

 

 

(わたしの文章は、読みにくいので、毎回なにか公的なの投稿のときは、プロの方が編集して、読みやすくなっています。

だから、わたしには、存分に間違いながら、書いていました。)

 

 

 

お話してくださった方は、文章、ブログのコンサルタントさんらしく、詳しくは、直人くんに聴いてもらえたら、とおもいますが、

 

わたしのうけとったことは

文章は、やはり、心が伝わる…ということ。

 

 

書く手前の、その心で、

すでに決まってしまうということ。

 

 

だから、みるところは

文章になる手前、ことばになる、

その手前…というところです。

 

 

 

わたしの惹かれる方々の

スピリットが介在している…

自分以外の方を自分ともうけとっている、

2人以上の文章は、

 

 

うんと、そのところが

深くて、深くて、

なんどでも

こころに響く感じがします。

 

 

だから、なんども、みて浸ってしまいます。

 

 

 

スピリットの…リズムを感じるものは

わたしの内側にも、そのリズムを

響かせて、ただ、リズムがととのってくると

 

 

それ、そのものに、とけてゆきます。

 

 

 

 

大切なものほど、わたしは

それを、もとの、神さまのもとに

かえしてゆこうと、深く感じました。

 

 

 

きょうも、奇跡をうけとれたことに

感謝をこめまして。

 

 

 

 

f:id:yolocobi:20180720134159j:image