あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

決めつけてる想いを手放して。

あるとき、手書きメモにて、
メッセージがありました。

f:id:yolocobi:20150903000651j:image
どうせ、めぐは、愛されてる。

???

なんのことだろう?
とおもったけど、
自己否定からくる、わたしの
がんばりを、拭い去るために
試行錯誤して、そのひとつに
会計用紙の
裏紙メモだったわけですね。

わたしの想いの影響をうけるのは
わたしだけではありません。
courseでも言われてること、よく
おもいだしてます。
心に浮かぶ想いを
自分の想いとするとき、ほんとうに
心が持ってるものを
見逃している。

目の前にあるカタチは
どのようにでも、かわりえる。
いつも、過去の思いこみから
みている自分を、ひっくりかえす。

わたしは、この方を、ありのままに
みていません。
その想いをとりけし、いま
この方の姿を見られるよう助けてください。

そう、つくったもの、つくられたもの、
感謝のかけぬけるところ
それは、なにか、

ほんとうに実在してるもの、それのみを
みることが、わたしたちの練習。
それが、いのちの目撃の、仕方。



愛するは、自我には、できない。

わたしをとおして、愛が
かけぬけてゆくだけだ。