あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

"もし世界から猫が消えたなら"をみて…。

f:id:yolocobi:20160514201601j:image
このシーン。とてもかわいかった。

f:id:yolocobi:20160514201839j:image

『この世界は、かけがえのないもので、 
できている。』

"もし世界から猫が消えたなら"
という映画が
空いてる時間に見れそうだったので
観てきました。

泣きそうになる映画は
なんとなく
はじめから
ひとりでみにいきます。笑


f:id:yolocobi:20160514201638j:image

この原作の本は、わたしが
読まずに、この人によさそう!と
人にあげました。
それから半年後に
読んでほしいと、美緒から
かえってきた本でした。(^人^)

f:id:yolocobi:20160514201616j:image

じぶんの命と引き換えに
世界からなにかを消す。
という
悪魔とのとりひき。

わたしは
やっぱり、原作を読んでいても
みていて
泣いてしまったので。笑

悲しみの涙というより
感動して、泣いてしまうのです。


世界にあるものが消えるときに
消えたときに分かることがあります。
そこには、のこるものは
ほんとうにあるもの。
つながりあうなかに
のこる、あたたかなもの。
それしか、ほんとはなくて。
その道具として
みえているものが
あるだけ。
わたしたちをつないでくれている
かけがえのないもの。

『この世界は、かけがえのないもので、 
できている。』
ほんとに、そう。


f:id:yolocobi:20160514201714j:image

だから、見ているものの
その奥を
となりを
うしろを
向こう側を
先を
みていたいなぁとおもいました。


そして、圧倒的なものを
目の前にすると、
ちいさなじぶんでも
可笑しくて、わらってしまう
それでいいんだなぁと
おもえた映画でした。



さいごに、わたしのすきな
フレーズを、主人公の『僕』の
お母さんがいっていたこと。

『人が猫を飼っているんじゃない。
猫が人のそばにいてくれてるんだよね。』

f:id:yolocobi:20160514201731j:image