あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

浸れる空間に。

f:id:yolocobi:20180331003342j:image

 

ふと、聴いたことを、おもいだしました。

 

 

個人的な、わたしだけのおもいは存在しない、みんなが実はしっていること、分かち合われるものだけが存在する。

そのように、あるものがみえてくる。そこに、優しさだけがある。

 

 

 

光は、眩しくて、目を閉じそうになるけれど、迷わずに、そこで、魅入ってゆきたいものです。それだけをしてゆきたいです。

 

そのような、わたしの、いいなぁというものも…どんな風に、それが、全体の喜びに使われてゆくのかが、たのしみです。

 

 

 

わたしがぼーっと、そして、黙って子どもを、みていると、疲れているように見えるみたいです。わたしは、話していないだけで、心の中では話しかけています。たまに、じぶんの不甲斐なさを見そうになるので、そのときは、、預けつつ、そっと憧れの空間に、浸りにゆきます。

言葉になる手前の、空間に。

 

 

いまは、浸りにひたって、祈っています。これまで、出会って来た方のことを。

それは、わたしの慣れてきた言語と過去を、愛に、奇跡に、昇華させるかのようなものです。

 

 

 

きょうもカフェで、読むと心がふわっとする本を読んで、スピリットの感覚を、思い出させていただきました。毎回忘れてしまうけれど、それも、また、毎回思い出せる楽しみになります。

 

 

f:id:yolocobi:20180331005859j:image

 

好奇心のかたまり…自由に、触れていってね、とおしえてもらっているようです。

その好奇心、いいなぁ、とおもいます。

蓮さん、ここ、電車内ですからお静かに。笑