読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

遅刻しないように、準備万端にしていても。

ほんのちょっとだけ

それもまるっと

つつみこんで…。

 

 

9:39の電車に乗れば、間に合う!

 

調べて準備万端と意気揚々と

朝食をたべ、歯磨きをし、

外に出て、駅に

着いてから、

唖然としました。

その時間にくるはずの

電車が…

ない(´;Д;`) 

 

9:39の電車はなく、、

調べて、なんとか

間に合わせようとしても

遅刻してしまいました。。

気を取り直して、駅構内をでて

(駅員さんがやさしかったので

入場券かからず…!)

また

タクシーに乗って目的地まで。

9:39の電車が仮にあって

それでむかっていても

すこし遅れてしまう距離だったので

タクシーで花丸。

 

 ほかにも

余裕!とおもっていたら

出発が遅れたり

遅延したりで

20分ほど予定よりズレてしまい

心臓バクバク…!

申し訳ない(´;Д;`)!!

とおもいつつ、

クラスにむかいました。

申し訳ないキモチも

預けるのですが

できれば間に合ってほしい…!と

よく、まるだし。

 

そのときも

タクシーをつかい

スーパーで

冷えていたスイカ🍉を買っていたので

暑い中、スイカも冷たいまま

はこべました。

(ありがとう、タクシー…!)

 

 

 

時間ネタには

キリがないのですが

じぶんでも、とりわけ間違えないよう

努めているのに

間違えてしまうところを

やさしくおもえるようになってから 

ゆるせるようになってから

 

まわりの方の 面白い時間のズレも

クスっと笑えるように

なっていました。

 

 

そういえば

わたしではない方が

予約していた

長谷の宿についていき

チェックインの時の

お茶をいただきつつ

のんびりしていたら…

〇〇さま、、じつは、

きょうは

ご予約されていないようなのですが…

明日ではないでしょうか?

と言われたときに

目の前の方は、あたま真っ白みたいで

わたしは、ほほ〜〜とおもいつつ

ははは!と

笑ってしまい、

心底怒りも憤りもありませんでした。

(そのときは、お家にいる猫さんも気がかりで宿泊に乗り気ではなかった、という私事もありました)

 

笑いがクスクス止まらないでいたら

そのお宿のオーナーさんに

笑ってもらえるなんて

いいですね…!笑

と笑いが連鎖してしまいました。

予約した本人は 

恥ずかしさのあまり、由比ヶ浜の海で

30分ほど とほほ

とキモチの

落ち込みをしていたようです。

f:id:yolocobi:20170527171513j:image

 

翌日、猫さんのことも安心できて

宿にもゆっくりいけて

万事オッケーでした(^∇^)

 

とはいっても、

遅刻したいわけではないし

タクシーより歩いて道端のアレコレを

ゆっくりみたかった(クレープ屋さんにも朝寄りたかった)ので

乗る前の、調べるところからも

もうすこし

胸の、肺の奥の、奥に

Spiritに聴いて確認します。笑

 

 

 

おくっていただいて

ブルーアイの

仔猫動画をみてたら…

猫さんの眼の青を

おもいだしたので、パシャり。

 

猫も犬も、植物もひとも

かわりなく。

ひとつのかがやき^^

 

f:id:yolocobi:20170527170533j:image

 

 

ひとつであること。 全体をおもう優しい方に贈ることば。

以前、おススメされた本。

ソウル・オブ・マネー

お金 の魂。

 

どんな内容だったのか

詳細には覚えていないのですが、

読むと、「そうですよね、」と

同感したのをおぼえています。

なんで赤色の文字に白地の表紙なのだろうとも

おもっていたのですが

たんにイメージで

お金は、グラウンディング

愛そのもの。

きちんと

受け取ることも、与えることも

教えてくれるツール。

 

寝る間も惜しんで

すっごく働いていて

周りにも、大貢献している社長さんに

じぶんを低くみつもりしすぎず

「ちゃんと受け取ってください!」と

お話したら、

「じゃあ、あなたもうけとってください!」と

きりかえされて、

さらにレッスンを深められました。笑

 

影ながらこっそりと

下支えしている方って

かんじます。みえます。

なぜかというと

わたしもそうだったから、です。

でもそれに「モヤモヤ」がかかっていたら

段取りや行動が、いくら正しくとも

心底ズレているかもしれません。笑

 

優しい方は、じぶんを忘れがちです。

本来のじぶんの尊さ、神聖さを、です。

 

相手をおもうのと、おなじくらい

じぶんをふくめての

全体をおもうなら、

やさしいキモチ、感謝で

みたされたじぶんを

豊かにめぐらしてゆくこと。

100%、満ち満ちている世界、

自然な豊かさ

あふれる優しさや完璧さを

感じられるのですから。

 

この本は、

最近お話を聴いた方におススメしたいなぁ

とおもったので、

すこし写メを載せます:)

f:id:yolocobi:20170525152935j:image

 

 

f:id:yolocobi:20170525152946j:image

 

f:id:yolocobi:20170525152951j:image

ぜんぜん関係ありませんが、

この後ろにうつっている猫さんのBOXは

一目惚れしたものです。笑

 

 

きょうは

「会陰を意識して呼吸してみてください〜」と

ヨガで言われたのですが

で、できているのか、わからない・・・!

 

日常、そこまで

意識したこともないし、それが、どうやって

呼吸と連動しているのかも

不明で、一瞬にして「きもちわるく」なってしまいました。

 

だけど、「意識してみよう」と

ふんわり思えたなら

あとは、呼吸にゆだねてみることに。

 

そうしたら、だんだんと

きもちわるさが抜けてきて

やっぱりペースを

無理にあわせようと(できるようになろうと)

しているのにも気づけました。

 

 

普段から、「力み」が入りがちなのは

コントロールしようとする、

その姿勢が

力みに、なりがちなのだとかんじます。

力をぬくこと、

委ねることを

わたしもレッスン中ということですね。:)

 

雨上がりの空に

きょうも優しい夜を( ´ ▽ ` )

 

 

朝の森林浴。

森林浴の朝^^

 

トマトの苗が

強風で、根元のところから

ポッキリと折れてしまい…!

 

しらべてみると

支えの棒があると、もちなおせますよ

ということだったので

やってみました。

棒はなかったので

一時的に、おみくじについていた、

短めの矢の某で…笑

矢がプランター

つきささっているのは滑稽ですが

使い道があってなによりです( ´ ▽ ` )!

 

ミントは、すでに

たくさんはえてくれて、なのに

ミントティが大人な味で

あまり飲めず…( ´ ▽ ` )

自家製レモネードの飾りにしか

つかってないです( ^ω^ )

ミント。

なにか、つかえるかなぁ…

 

f:id:yolocobi:20170524100428j:image

 

わたしの凝り固まった考えには

さほど意味はないけれど

この考えやおもいの奥にある

豊かで静かな、確実に

わたしも、世界も優しいものであることを

ギフトとして、体験が

おしえてくれるものは

とっても 意味がある。

 

それを、丁寧に、優しく、ゆっくりと

とりだして

みいだしてほしい。

それをしないとき わたしは

生きた心地がしないから。

 

 

表面的なもの、

時間やお金、パートナーや関係性を

ふんだんにつかって

ほんとうに行き着きたいところへ

もどるから

表面的なものもは

そのために、一緒にいてくれる。

それは、とっても、うれしい。

 

ことば や 音、

そのツールをつかって

わたしは単調な

いつもどおりのものから

いまという、リアルに、愛に

もどしてもらえるから

とっても、とっても

表現やお話、シェアにも

感謝です。

 

猫さんは、言語が違っても

じーっとみつめるその目を介して

心で、ごはん!と

うったえかけてくれましたし。笑

 

 

目の前の方の

完璧なものが みえないときは

ちょっと 一呼吸。

じぶんをとおって

本来のものが、みてくれるのを

思い出して。 

 

豊かな気持ちが

溢れるのを きょうもたくさん

うけとれる1日を^^

 

 

朝の散歩。

 

f:id:yolocobi:20170523091515j:image

あるこ〜あるこ〜

わたしは元気〜

歩くの大好き〜

という、あの曲を 

弾いてもらったからか

朝から歩こうと

おもいたちまして…!

 

 

朝のお散歩です。

きな粉パンと

ミルクパンを、ブラウニー(パン屋さん)

で買って、秘密の穴場へ…笑。

 

5月の風は

ほんっとうにお昼寝に

最高(朝ですが)!

 

 

すでに、存在しているものを

認めることほど

助かることはありません。

 

真実か

マボロシか。

過去のその人、

その自分をみるのか

 

いまを、うけとるのか。

えらべるのは、いつも

present…

 

レッスンも

お祈りも

趣味のように

すきになっていって

やらなくても、何も言われませんが

やりたくて、やってしまう。

やらなきゃと 

あくせくしていたときも

あったかもしれませんが、

そのような過去も恵みをうけて

愛されていて。

 

 

たまに頭デッカチなときは

その自分も

道具にしてもらえば

よいですし、笑笑

なんど聴いても

あきないほど

学びや実践と

喜びがとけあってゆきます。

 

 

お話してくれた方のことも

ふと胸によぎる方も

心から

おもって。

 

 

 

パン、勢いあまって

食べすぎたやもしれません…!

美味しかったぁ〜

 

 

きょうも

やわらかな1日を^^

 

 

 

f:id:yolocobi:20170523092928j:image

 

 

公園ピクニックにて。

 

f:id:yolocobi:20170520125310j:image

土曜日の朝から

公園にて、朝ごはん(^ω^)

 

広島の捨てないパン屋さんから

購入したカンパーニュを

つかったサンドイッチを

いただきました…!^_^

 

風の音が

波の音のように聴こえて

心地よいです。

 

温泉は近くにないけれど

森林浴(^ω^)

さらさらと

源泉が

心の中から

かけながされてゆきました。

 

 

半年間、ヒーリング瞑想会を

企画していただいて

わたしが

とても

たすかってきました…!

 

実践するほどに

基本が深まって

味わいがましてゆきます。

 

 

ヒーリングは

どちらかが

できてる方

で、できてない方を

ひきあげる、ではなくて。

 

 

ともに、伴走する、

手を取り合う

という

祈り、コミュニケーションだから

こわがるおもいは

次第にとけてゆきました。

 

 

 

 

f:id:yolocobi:20170520131148j:image

 

1分でも

時間のとれるときに

目を閉じて

呼吸ふかくから

出逢うものにであってゆく

そんな1日に

感謝をこめて(^ν^)

 

 

 

風通し。「おもい」がとけてゆくときに。

 きょうも、朝ヨガをして

1時間があっという間に

かんじられました:)

「かたくても、いい」

「内側に集中する」というのが

とっても心地よい時間です。

ヨガなのか、ときおり

股わりのようなポーズがあるのですが

それは、ひふみ体動の動きを

おしえて続けてきているので

より、楽におもえます・・・!

夜はヒーリングと瞑想会です。

深呼吸して、いってきます^^

 

 

化粧水って使い切ることが

あまりなく、次の化粧水が

どこからともなく(もらったりして)

やってきていたのですが

この「こうじの恵」化粧水は

誕生日プレゼントにもらって

使い切りました。

お酒をつくっているところが

製造している化粧水で、ちょっとお酒の

香りもします。

 

f:id:yolocobi:20170517172231j:image

使い切ってから

こんなに、わたしは

「なくなってしまうこと」を

こわごわと思っていたのだなぁと

いうものでした。

 

もらったもの、とか

使わなくても

すぐには

捨てられないのです。

 

じぶんだけの、「おもい」を

よくよく、みなおしてみる。

そのきっかけにもなり・・・!

 

◯◯を気にしている。

◯◯を心配している。

◯◯をしたい。

◯◯でありたい。

 

これらのおもいの

ひとつ、ひとつを

本来の力として

つかうことが、いま、忘れていて。

だから、「つかってほしい」

つかってもらえるように

たのみなおす。

つかってもらえることを

おもいだす。

最適に、最高に、最善に。

 

 

そうすると、ものの、先にある

奥に在る「ありがとう」が

かんじられてきました。

 

わたしは、それを

大切に心から

うけとっていたい。

行動でも

ことばでもなく

伝わるのは心の奥底。

むやみやたらと、やるものでも

ないのです。

 

ふと朝の空いた時間に

もっている「洋服」の

1つ1つも

なにを、どれだけ

クローゼットの中に

いれているのか。

(なぜか服も多く…笑)

梅雨まえに、お洋服とのつながり、

「おもい」の

確認をしてみています。

 

 

 ちらっと夕刊でみた記事、

「ちょうどいい箱にじぶんのキモチを

流し込んで、蒸し上げる感覚」

執筆は夜中にするという、益田ミリさん。

 

どうしても、「このキモチは・・・」という

それこそを「流し込んで、蒸しあげてもらう」

その蒸すための道具も、蒸すための火も

ここにあること、

完璧に用意されていることを

かんじてみます:)

 

きょうも、優しい雨のなか

こころ穏やかな一日を^^

f:id:yolocobi:20170517172253j:image

 

 

美味しいものを、美味しくたべさせてくれてありがとう:)

f:id:yolocobi:20170516210905j:image

 

3ヶ月に1度の歯科検診に

ゆきました:)

(おなじみの、高円寺そよかぜ歯科さん。)

わたしは、じぶんの身体そっちのけで

仕事や作業をしていたころ

歯医者にいくのが嫌で・・・。

音と、匂いと・・・。

できれば、日常生活で

いきたくないところ、でした。

 

でも1年たって、治療が終えたあとも

3ヶ月に1度、検診の予約もとれて

お知らせもメールで届きます。

 

ちょっと前までは、その検診すらも

「また、虫歯があったら、どうしよう・・・」と

こわごわだったのですが、

いまは、

「じぶんで磨ききらないところも

ケアしてもらえて助かります」と

行くのも愉しみになりました。笑

 f:id:yolocobi:20170516210919j:image

 

もちろん、

「行かないと、歯石がとれないよぉ」

と脅すのではないのですが

こわいから、行くということも

途中にはあったかもしれません。

 

ですが、最初こわごわとしていても

そこにあるのは

「歯に感謝していきたい」とか

「美味しいものを、感謝して食べたいな」とか

あったかい気持ちであることに

かわりないのです。

 

つきうごかされる

「不安」であっても。

よくみて、かんじてゆけたなら

そこにも「あたたかさ」が

必ず在ります。

幻は

元々ないので、次第に消えてゆきます。

(歯医者に)ぜったいきてください、

(歯磨きを)やってください

とコントロールしようとしても

ちょっと難しいように

わたしはかんじます。

 

なんでか、行きたくない、

やりたくない

そのおもいを

無視しているからやもしれません。

 

 

その根っこにある「源」「源泉」に

つながりを感じるからこそ

大切に、ケアしよう、みてゆこう

いつも美味しくたべさせてくれて

ありがとう、と

もどれるような・・・そんな風に

おもいます。^^

 

 

”100%正しい忠告は役に立たない。

あるとき、ある人に役立った忠告でも

100%正しいとは限らない(河合隼雄)”

 

全身全霊で、いまの、ひとつの

すきとおった、ひびきわたる声に

耳をすませる、そんな

やさしい夜を:)

 f:id:yolocobi:20170516210926j:image