読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

「ないとおもっていた、力が引き出される」 体験。

https://www.instagram.com/p/BNodwfND6v-/

お参りするひとにふりそそぐ虹色のひかり。#天台宗#お寺#秋#虹色

 

 

 

「ゆるし」がCourseの醍醐味なところですが

わたしは、この「ゆるし」を、

あまり言語化してい

いませんでした。カナヘイうさぎ

 

ちょうど

よい題材に、過去のわたしを

つかってみましょう。てへぺろうさぎ

 

「掃除もしない、

脱ぎっぱなし、

周りに迷惑をかける

そんなだらしない人(偉いひと)は

どうしても

尊敬できない(したくない)カナヘイびっくり

 

「いいこといってても、

どんなにすごいと

まわりが賞賛しても

仲間が疲弊している…

それを見過ごす人は、ゆるせないカナヘイびっくり

 

という、おもいを

「真実の光」に

照らすなら、

どんな感じでしょうか。やる気なしピスケ

 

おもいは

世界そのもの。

 わたしの、凝り固まったおもいは

凝り固まった世界に

なっていました。

 

 

「ゆるし」は

そのおもいがわいた瞬間に

となりにいてくれるかんじです。。

 

かりに、わたしがいて、

相手(Aさん)がいたら

Aさんのことを

わたしが「ゆるす」(しょうがないなぁ)と

するものではありません。

 

 

 

「ゆるし」とは、

すべて

じぶんの恐れにたいしてのみ。

 

「神(宇宙)からずれたおもいを元にもどす」ことです。

つまり、

丁寧にみてゆくなら

 

「Aさんのことを、

その行いを

いやだっておもっている(わたしがいるなぁ)」

 

「【わたし】は、いつも、

【ちゃんとしていないと】と

おもっていて、【まわりの要望もききなさい】と

おもっていて。 

そうしない【わたし】は、罰せられて

当然というおもいもあったなぁ」

 

「もちろん、飛躍しているかもしれないけれど

神は、【ちゃんとしていない】わたしも、

【ちゃんとしている】わたしも

どちらも大切におもっている。」

 

「Aさんのことじゃなくて、

わたしは

わたしのことを、【ダメだ】と

おもってきたのかもしれない。」

 

「でも、【このわたし】って、

区切られて

分断されて

Aさんとは別の【わたし】

なんてことが

ほんとうなのだろうか。」

 

「わたしは、ほんとうのことが、体験したい」

「Aさんの、わたしの

真の姿を、みたい」

 

ここまできたら、あとは神に。

聖霊に、わたしは、わかっているようで

知らないので、導いてください。

Aさんの光をみせてください。

わたしの前にあらわれてくれているその

理由を、おしえてください。

また、この機会に、感謝します。ありがとう。

と聴くこと。

祈ることをしています。

体験が、たしかにおとずれることも

かんじるでしょう。

 

わたしが体験したのは

「ないとおもっていた、力が引き出される」

ということでした。

どんなときでも

伝える、

相談する、嘘をつかない、とか。

心から話し合うなら、ぜったいに

愛が、理解の光が

おもたくしていた闇を一掃します。

 

 

 

「わたしの(無意味な)おもい」

が、自我の、

このみている世界そのものです。ショックなうさぎ

 

おもく、かたくなっている想いに

「ここにある光をみよう」としても

無理やりは、みえてきません。サッ

どうしたって、

影響されてしまう、そのおもいを

丁寧に、みて、あずけて

もう一度、内なるものと一緒に

みるなら

そこにある「真実の光カナヘイきらきら」に

ことばにならなくても

みえてくるのです。とびだすうさぎ1

 

かぶせている自我の「ドラマあんぐりピスケ」を

とりさげて

神の、愛のみせてくれるものを

みるためだけに

わたしも、あなたも

そこに、存在しています。カナヘイ花

 

 

 

the-world-of-silence.hatenablog.com

 

 

the-world-of-silence.hatenablog.com