あること。いまを、いきること。ー another room

奇跡と恵みにあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

おばあちゃんからの祈り。

熱が下がりにくく、直人先生のお心遣いにより、べつのクリニックにも行きました。

 

 

f:id:yolocobi:20180523155146j:image

 

待合室で、結構待っていたので、このまえは全く具合が悪くてできなかったのですが、

瞑想をしてみました。

 

 

 

そのときに、やっぱり、薬も愛とおもっても、母乳育児の場合は、控えておいた方がいいと、懸念する気持ちがあることに、気づきました。

 

受付のお姉さん、やさしいな、とも思いつつ。

待ちながらも、雰囲気が違うのも、感じられました。

 

そして、診察室によばれてゆくと、お医者さんが丁寧にヒアリングをしてくれてました。

 

お薬は、僕の専門の先生がいうところだけど、母乳にはそこまで影響しないから、ずっと飲み続けるドラックや、精神薬はべつだけどね、と

スラスラ話してくださいました。

そうですよね、と笑っていました。

お薬も、もらったもので充分。休むことですね、と、労いのお言葉をいただき、そのときに、なんだか、すっと抜けてゆく気がしました。

 

お医者さんは、変わっても、もらったものは同じでした。

 

 

そして、あれだけ下がらなかった熱が、午後はスルスルさがり、平熱にもどりました。熱があるか、ないかは、計らなくても感じられますが、ほんとうにスッキリしました。

 

 

 

喉の痛みは、言いたいことが言えていないとき、だったりするそうです。

わたしは、なるべく、言っているつもりですが、このまえお話を聴いて下さった方が、ほんの少ししか、言えてない、と聞いたときに

それは、自分のことを、言ってもらえたかのようで、有り難かったです。

 

 

そして、午後、落ち着いてきたころに

おばあちゃんから電話がありました。

毎月の、フォトブックと、蓮さんからの手紙が届いたようです。

 

れんちゃん、

おばあちゃんも、祈っているからねぇ

 

と、言っていました。ありがとう、おばあちゃん。そのお祈りは、わたしの奥まで、届いているようにかんじます。とても、とても。

 

 

 

 

わたしのかんじること、そして

あらゆるおもいを、祈りに、かえて

奇跡の道具となりますように。