あること。いまを、いきること。ー another room

『一緒にいてくれてありがとう。』豊かで恵みあふれた世界をみるために、A Course in Miracles(奇跡のコース)を通したクラス、 セッションにて うちなる教師(医師)を育てています。

それは、もともと、あったもの。手作りシュシュ。

f:id:yolocobi:20170220135316j:image

 

 手作りシュシュを

やってみました。

 

なんとなぁく

イメージがあって

手縫いでもできるか

不安でしたが…!

裁縫箱の

巧妙な成り立ちに

今更ながら感動です。(°▽°)

 

小さなお友達に

プレゼント。

(はじめて、シュシュはつくれました。)

 

あるとき

その子が音読してくれた本が

スーホの白い馬、で

懐かしいなぁとおもいながら

きいていました。

馬頭琴という、馬の骨をつかって

楽器を鳴らす…。

 

本をあげるとしたら

西の魔女が死んだ という本を 

あげたいなとおもって

本屋さんにむかい、パラパラと

読むと、わたしはどうも

この本に弱いらしくて…

 

胸の奥が

ぽっと照らされるような

そんな暖かみから

涙になりそうな雰囲気が

文字の裏に流れています。

 

 

 

いつでも、

どんなときでも

つねにわたしたちは

なにかを教えていて

それが なにかは

みえない秩序から

かんじとれるもの。^^

 

 

じぶんの力を、

どこにささげるか

それが

なにをしちゃいけない

は一切ないことの

現れに。

 

 

風のつよい今日。

やわらかな、やさしいひと時が

届いていますことに

ありがとう、とおもって。

 

 f:id:yolocobi:20170220140941j:image

 

 

なんども、めぐって、ふかまるものたちに。

電車のホームで

見知らぬ人に逢い

何度も、何度も

同じ方に逢います。

 

f:id:yolocobi:20170218232904j:image

あ、この方も、同じ。

 

 

 

相手の(そしてじぶんの)聖霊

つまり

内なる輝きから

その方をみて

うけとったことを

行うとき

なにかが、うごきはじめます。

確実に。

 

 

それが、

どういうことなのか

理解できなくても

わからなくても

 

そこへの理解のある光が

わたしたちには

かならず、あって。

 

 

足腰悪くて…

という、おばあちゃんのお話も

体調すぐれない小さな子を

見守っていても

長生きしてほしいとおもってしまう

ネコを撫でていても。

 

 

言葉になりきらない

その奥底に

連れていってもらえたとき

わたしは

みることのなかった世界に

触れることができます。

 

 

 

おさえることなく  

正直にいきること。

そして

そのうえで

その正直さを

聖霊に、宇宙に、内なる力に

つかってもらうこと。

 

 

なんども、なんども

めぐっては

ふかまってゆきます。

 

 

住宅街にある、青葉台

f:id:yolocobi:20170218235058j:image

エビチリのラーメン、

意外に

美味しかったぁ。

エビ、おおきいっ( ・ㅂ・)و ̑̑

 

ごちそうさまでした(´∇`)

 

 

来週は、お時間タイミングあえば

遠隔での電話セッションを

うけつけています⠒̫⃝

デコポンの皮もつかえる。『ほんとうの、みなもと。』

 デコポンの皮と

実をつかった

ジャム。

 

ちょうど、苺ジャムを

つかいきったので

その瓶を利用して

コトコト…。

 

皮をきって、

お湯でグツグツ

二回にる。

皮がオレンジ色にそまっていて

美味しそうとおもい

一口のんでみたけど、

苦かった。

三温糖をつかって

甘みをつけて、完成。

 

f:id:yolocobi:20170215210653j:image

 

そして、

チョコバナナパイは

とても好評で

おいしいの連鎖は

うれしかったです( ´ ▽ ` )

f:id:yolocobi:20170215210701j:image

 

お料理しながら

ととのってゆく方も。

お話しながら

体験したことを

ポツり、ポツリと

ひろってくれる方も。

 

みえていないだけで

みようとしていないだけで

祈りに

感謝に

あたたかさに

支えられている。

 

 

これまでの自分から

さらに、おおきく、ふかい、

あなたへ。わたしへ。

わたしたちへ。

 

いずれの関係も

過去や未来に

つなぎとめておくために

使うことなく

毎日、毎秒

一つひとつの関係の中で

ふたたび、よみがえってゆく。

 

 

 

ほんのちょっとの時間でも。

もどろう、

飛びたとう

つかってもらおう

このものを。

そこに、あると

恐れていたものは

もう、

愛と入れ替えられているから。

 

 

 

 

なんとなく目にとまって

トランプやってみたいなぁと

おもって、

本の付録のトランプを

切り貼りして

つくっていたら

それが大事な収集心からの

トランプ付録だったことに

あとから気づいて

とっても相手にあやまる、

そんな夜。(_ _).。o○

 

いま、ある材料で。 『世界は、見つけられるのを 待っている』

f:id:yolocobi:20170214215133j:image

ハッピーバレンタインデー(^∇^)

 

わたしは、これから、笑笑

つくります。

チョコバナナパイに…

トライです( ´ ▽ ` )

 

まえから、パウンドケーキは

カンタンと聴いていて。

すこし、しらべたら

簡単に

できてしまう手作りのパイが

あるとしり、材料を

そろえてみました。

 

バナナ

パイ生地

(チョコバナナパイであれば)

チョコレート

 

だけ!!!

 

できあがったら

写真をとろうと

おもいます( ´ ▽ ` )

 

 

猫と 同じ格好で

まるくなることも

ありますが、笑

じんわりと

あたたかさを

感じられるのは

とぉっても、心地よいです。

f:id:yolocobi:20170214215111j:image

 何においても。

 

透き通った眼の方は

じっと見つめられるだけで

じぶんが映し出されているのを

かんじます。

 

f:id:yolocobi:20170214215129j:image

 

おすすめされて、好きな漫画の

ひとつに、

よつばと!

というものがあります。

よつばと! での

とくに、なんてことないシーンに

クスクスしてしまうので

電車とかで見ないようにしてます。笑

日常のほんわかした

いつもあるものを

垣間見る漫画です( ´ ▽ ` )

おしえてくれて、ありがとう…(〃ω〃)

 

 

f:id:yolocobi:20170214215150j:image

そして

クラスやセッションのこと
メッセージや別日程の
ご希望も、ありがとうございます☻

お気軽ご連絡いただければ

うれしいです。

今週は、2/16にヒーリング瞑想の会を

19:00-21:30に、

白金高輪駅近くで行います。

 

 

 

よし…!チョコバナナパイに、

いってきます( ^ω^ )

 

 

つたわってゆく、高音。 日々、うたうように。

 

猫のチリさん、

チュールたべれるほど

体調ももどったみたいです。

18歳、おじいちゃん猫さん

食べる姿に

こちらも元気が…!

文章よんで

気にかけてくださった方、

ありがとうございました^^

 

 

 

歌うとき、とくに

高音のときは

ちいさく出そうとしても

でなくて。

声をあまり

ださないで歌うほど

調子がわからなくなる。

 

すんなり、だせて

歌えるときは

あたたかく、熱をもって

みる世界がかわってくる。

キラキラと。

 

 

いっときは、

周りや外側を見ずに

まるで、カラオケルームや

お風呂で

ひとり、熱唱するくらいに

奥にこめた『声』を

だしてあげてほしい。

 

 

そのヴォイスは

ほかでもなく、まずは

身近な、大切な方が

待っている。

 

 

はなしている最中に

ときほぐされて

はなれて

まとまって

ふたたび、よみがえってゆく。

 

チョコレートを

とかして

つくる、みたいに(´-`).。oO

 

 

f:id:yolocobi:20170213225923j:image

 

チョコレート、たのしみ(〃ω〃)!

ほんのちょっと、たちどまって。 決断を見なおしてみる。

ひっそりと、

住宅街の中にあるカフェ。

 

アットホームなマスターの女性は

きょう近くの閉まるお店に行こうと

カフェの閉める時間を

早めようとおもってて…!

ワガママなお店ですみません(^_^)

それもまた、マダムカリツカみたいで

すてきでした。

f:id:yolocobi:20170212191516j:image

 

 

わけもわからず、手伝いをしていた

確定申告の作業を、

全体からやんわりと

眺めると(おしえてもらった)

わーん、こんなことも

分かってなくて

恥ずかしい。・゜・(ノД`)・゜・。と

できてないことへの

恥ずかしさも

聴けないでいたじぶんも

あいまって

ものすごく

ねむたかったです。。

 

プロフェッショナルな方に

いままで以上の

敬意も出まして…。

 

じぶんにも

心から、わからない、と

言えた( 助けをいえた )ことに

拍手でした。

 

小さくても

ひとつ、ひとつ、

歩んでゆけば大丈夫。・゜・(ノД`)・゜・。

もちろん、そこには

かならずいます、聖なる存在も。

 

 

『あなたの魂は

知覚できるものではないが

あなたが自分の魂以外のものを

より大きな価値のあるものとして

知覚している間は

自分の魂を知ることはできない。』

 

とっても、詩的なところだなぁと

魅入ってました。

詠むかんじで。

(本の箇所知りたい方は

あとでお知らせします。笑

忘れてしまって(´-`).。oO)

 

 

どうしても、力になりたくて

恩返しがしたくて

あれやこれや

イデアがあふれて

すぐに、飛びつきそうになる、わたしも

いますが

ほんとうに、力を

ひきだしあうために

よろこびを、広げてゆくために

じっと、グラウンディングから

感謝をおもいます。(^_^)

 

f:id:yolocobi:20170212193455j:image

 

 

つねに、わたしたちは、響かせている。響きあっている。

銭湯は、とっても熱かったり

冷たかったり

そのくりかえしが

慣れてくると

とぉーっても冷たい水風呂にも

肩までつかれる。

 

さぁーっと

真っさらになる感覚。

 

ふだん、何気なく

しているなかに

ふくまれるもの。

 

知らず、

知らずのうちに

与えている私たちは

同じように

つねに、表現をしている。

 

感じていること

わいてきたこと

考えたこと

ことばにする

写真にする

伝える

その表現だけでなく

 

いまの呼吸も

その姿勢も

歩くたびに

手が

のびるたびに

ふと、微笑みかけるたびに

書くごとに

読むたびに

感想が

でてくる、その瞬間に。

話したくなる相手を

おもいうかべる、そのときに。

 

つねに、つねに

響かせている。

神と、宇宙と

ともに。

ずぅっと、静かに

ぽろん、ぽろん、と。

 

空気がここにあるように

風が吹いているように。

 

 

しなくちゃ、というよりも

していますよ、と

語りかけられたような

瞬間。

 

 

ちいさい、おおきい

その規模をこえて

宇宙の

あらゆる現れ、表れが

わたしとあなたを通って

解放され、延長してゆくことに

こころから、感謝をこめて…。

 

 

猫のチリさんが

体調おもわしくないと聴いたので

今夜も、ゆっくり

おもってまみます。 

f:id:yolocobi:20170211193259j:image